注文住宅の省エネ性能を高める工夫

注文住宅の省エネ性能を高める工夫

注文住宅を建てる際、昔よくあったすきま風で寒いと言うこともよくありました。住宅も呼吸しているのですきま風も必要でした。でも冬は寒いので、ウレタンや窓2枚などの工夫で省エネ性能を高めていきました。更に工夫も重ねてコンパクトになってきています。省エネ住宅やエコ住宅は一般的に住宅の断熱性・気密性を高めることで冷暖房機器の使用エネルギーを押さえられる住宅をいいます。省エネ性能の3つの基準として省エネ基準・誘導基準・住宅トップランナー基準・とあります。そして住宅の性能を高めるためには、住宅の屋根や外壁、開口部などの断熱性能の高さや外皮性能と空調や換気、照明しょうなどに使うエネルギー量をどの程度少なくする工夫もあります。その分効果も高く、電気代の節約にもなります。性能を高めるにしても冷暖房をより効果出すためにはコンクリートのなどのマンションはウレタンを吹いていったり、スタイロフォーム入れたり、グラスウールを入れたりします。開口部に付ける窓もガラスがコンパクトに2枚になってよく複層ガラスともいいます。注文住宅を建てるにはいいと思います。

注文住宅は断熱材の種類も指定して快適な空間を目指せる

暑さや寒さに苦しまずに済むように断熱性で優秀な住宅を建築したいのなら、断熱材の種類や配置も選べる注文住宅が最適です。グラスウールやロックウールなどを使ってほしいといった要望を出すことで、熱伝導率が低い壁や天井を作り出せます。セルロースファイバーのようにコストが高くても、防音性で優れる素材を使って部屋の快適性を高めることも可能です。ポリスチレンフォームや硬質ウレタンフォームなどの発泡プラスチック系の素材は、結露を防止する効果でも優れています。火災が発生した時に有毒ガスが出ないように、フェノールフォームを断熱材に使用する家庭も現在では珍しくありません。注文住宅なら熱伝導率の調査なども含めて依頼できて、性能で満足できる住宅が購入できます。防音性で優れる素材を壁に詰め込むことで、カラオケや楽器の演奏を楽しむための部屋も作れます。住み心地にこだわりを持った設計を完成させるために、素材の違いを調べることは重要です。

埼玉 注文住宅に関する情報サイト
注文住宅に関する有益な知識をお教えします

こちらのサイトは、家を建てるなら最高のマイホームを手に入れたい、このように考える人に有益な知識をご紹介しています。家を建てるなら納得できるマイホームにしたい、このように考える人は多いわけですが、これを実現するためには情報を正確に集めることが基本になってきます。また、注文住宅はこだわりを詰め込むことができるので、省エネ性能を高める工夫を行うことで光熱費の削減効果が期待できたり、効率が良い太陽光発電を導入するなどの工夫も大切です。

Search